コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カクス カクスCacus

1件 の用語解説(カクスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カクス
Cacus

古代ローマの伝説に登場する凶悪な巨人。火神ウルカヌスの子で,3つの頭をもち,口からは火を吐き,アウェンチヌス丘の洞穴に住んで,周辺を荒し住民を恐慌に陥れていたが,ゲリュオンの牛の群れをギリシアに連れ帰る途中で,のちにローマが建設されるこの場所を通りかかったヘラクレスから牛を盗んだため,この英雄の怒りを買い,彼によって殺されたという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カクスの関連情報