コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

群れ ムレ

4件 の用語解説(群れの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むれ【群れ】

たくさんの人や生物が集まっている状態。あつまり。むらがり。「水牛が群れをなす」
なかま。同類。やから。「無頼(ぶらい)の群れ身を投ずる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

むれ【群れ】

動物の集合を表す一般用語で,日本語では動物種によらずこの語を用いてとくに違和感を感じないが,英語では,遊泳中の魚群などにはschoolをあて,鳥類の群れにはflockを,有蹄類の群れにはherdを,オオカミの群れにはpackを,ライオンなどの群れにはprideを,クジラアザラシなどの小さな群れにはpodを,またサルなどの組織化された群れにはgroupを,その比較的サイズの大きいものにはtroopをあてる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

むれ【群れ】

多くの同類のものが集まっている状態。むらがっている状態。また、そのもの。 「鳥が-をなす」
仲間。 「野盗の-」 「 -をつくって遊ぶ」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

群れ
むれ

一般には動物の個体の集合状態を群れとよぶが、さまざまな定義がなされている。また、普通は同一種の集団を群れとみなしているものの、冬季のカラ類にみられる混群のように、数種によって形成されるものもある。動物が寄り集まる原因には大きく分けて二つある。その一つは、個体どうしの誘引によるもの、ほかは、ある場所の条件、たとえば食物が豊富にあるとか、越冬に都合がよいとかいった理由で集団が形成され、個体間の関係には基づかないものである。前者を「群れ」と規定し、後者を「集まり」とか「群がり」とよんで区別することがあり、さらに持続的な組織化された集団に限って「群れ」ということもある。
 動物は種によって、与えられた諸条件のもとで、テリトリー(縄張り)制によってある程度分散して生活するものがいたり、またあるものはさまざまに組織化された群れを形成する。群れ形成の状態が季節、とくに発情期などによって変化する種も多い。発情期になると、伝統的に定まっている特定の場所に多数の個体が集合する種があり、その場所はレックとよばれる。群れ形成の適応的意義の一つとして外敵に対する防衛があげられる。偶蹄(ぐうてい)類についていえば、一般に森林やブッシュなどにすむ種は群れを形成せず、草原などの開けた場所にすむ種は大きな群れを形成する傾向がある。身を隠すことの容易な生活場所では分散することが、また見通しのよい生活場所では集団中に身を埋めることが、各個体の平均的利益の上昇に結び付くと考えられる。[桜井道夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

群れの関連キーワード擬声語点集合補集合過去可算集合疑問文勢相打消し冪集合皮膚症

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

群れの関連情報