カザンラックのトラキア人の墳墓(読み)カザンラックのトラキアじんのふんぼ

世界遺産詳解の解説

カザンラックのトラキアじんのふんぼ【カザンラックのトラキア人の墳墓】

1979年に登録された世界遺産(文化遺産)で、ブルガリア中央部、カザンラック北東のトュベルト公園内に位置する。ローマ帝国時代のトラキア人の首都セウトポリス近郊にある紀元前4世紀の古墳で、第二次世界大戦中に兵士が防空壕を掘っている際に、偶然発見された。墓の内部には、「弔いの宴」と呼ばれ、優れたヘレニズム文化を伝える貴重な彩色壁画が残っている。これはトラキア人の埋葬の儀式と文化を描いたもので、2000年以上も時を経たものとは思えない鮮やかな彩色が施され、トラキア芸術の最高峰とされることから、人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして、世界遺産に登録された。◇英名はThracian Tomb of Kazanlak

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android