コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスタードクリーム カスタードクリーム custard cream

4件 の用語解説(カスタードクリームの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カスタード‐クリーム(custard cream)

カスタードコーンスターチまたは小麦粉を加えて煮上げたクリームシュークリームの皮の中に詰めるほか、各種の菓子に用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

カスタードクリーム【custard cream】

洋菓子用のクリームの一つ。あたためた牛乳にバニラの香りをつけ、卵黄・砂糖を混ぜ合わせて小麦粉・コーンスターチを加えたものに少しずつ加え、こして煮詰めたもの。◇「クレーム・パティシエール」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

カスタードクリーム【custard cream】

カスタードに小麦粉またはコーン-スターチを加え加熱して作ったクリーム。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カスタードクリーム
かすたーどくりーむ
custard cream

砂糖、卵黄、小麦粉、コンスターチを牛乳に混ぜ合わせて煮上げたクリームをいう。主としてシュークリームの皮の中に詰めるが、そのほかに菓子の層と層の間に挟んだり、用途は広い。すなわち、バターアーモンドの粉末、白ワイン生クリームコーヒーチョコレートレモン、バニラ、オレンジなどを入れて、味と香りに変化をつけ、各種の菓子に使用される応用面の広いクリームである。ただし、このクリームには細菌が繁殖しやすいので、つねに注意して扱うことがたいせつである。[小林文子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカスタードクリームの言及

【クリーム】より

…クレームシャンティイーは,でき上がり1カップとして生クリーム180mlを乾いたボールに入れ,ボールごと氷で冷やしながら泡立て,かるく泡立ったところでふるいを通した砂糖40~60gを入れ,さらにクリームの先が立つくらいまで泡立ててから用いる。なお,カスタードクリームは牛乳,鶏卵,砂糖,小麦粉などを合わせたもので,シュークリームやクリームパンに用いる。【小室 康】
【化粧品のクリーム】
 油性成分と水性成分を混ぜて乳化させたもの。…

※「カスタードクリーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カスタードクリームの関連キーワードクリームチーズ生クリームクリームパンアイスクリームの日還元クリーム三元自動分離機ホモジナイズド牛乳チョコレートソースクリームホーンザバイオーネ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カスタードクリームの関連情報