カスタードクリーム(読み)かすたーどくりーむ(英語表記)custard cream

日本大百科全書(ニッポニカ)「カスタードクリーム」の解説

カスタードクリーム
かすたーどくりーむ
custard cream

砂糖、卵黄小麦粉コンスターチ牛乳に混ぜ合わせて煮上げたクリームをいう。主としてシュークリームの皮の中に詰めるが、そのほかに菓子の層と層の間に挟んだり、用途は広い。すなわち、バター、アーモンドの粉末、白ワイン、生クリーム、コーヒー、チョコレート、レモン、バニラ、オレンジなどを入れて、味と香りに変化をつけ、各種の菓子に使用される応用面の広いクリームである。ただし、このクリームには細菌が繁殖しやすいので、つねに注意して扱うことがたいせつである。

[小林文子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典「カスタードクリーム」の解説

カスタードクリーム【custard cream】

洋菓子用のクリームの一つ。あたためた牛乳にバニラの香りをつけ、卵黄・砂糖を混ぜ合わせて小麦粉・コーンスターチを加えたものに少しずつ加え、こして煮詰めたもの。◇「クレーム・パティシエール」ともいう。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内のカスタードクリームの言及

【クリーム】より

…クレームシャンティイーは,でき上がり1カップとして生クリーム180mlを乾いたボールに入れ,ボールごと氷で冷やしながら泡立て,かるく泡立ったところでふるいを通した砂糖40~60gを入れ,さらにクリームの先が立つくらいまで泡立ててから用いる。なお,カスタードクリームは牛乳,鶏卵,砂糖,小麦粉などを合わせたもので,シュークリームやクリームパンに用いる。【小室 康】
【化粧品のクリーム】
 油性成分と水性成分を混ぜて乳化させたもの。…

※「カスタードクリーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android