コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスタードクリーム custard cream

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

カスタードクリーム【custard cream】

洋菓子用のクリームの一つ。あたためた牛乳にバニラの香りをつけ、卵黄・砂糖を混ぜ合わせて小麦粉・コーンスターチを加えたものに少しずつ加え、こして煮詰めたもの。◇「クレーム・パティシエール」ともいう。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

カスタードクリーム【custard cream】

カスタードに小麦粉またはコーン-スターチを加え加熱して作ったクリーム。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カスタードクリーム
かすたーどくりーむ
custard cream

砂糖、卵黄、小麦粉、コンスターチを牛乳に混ぜ合わせて煮上げたクリームをいう。主としてシュークリームの皮の中に詰めるが、そのほかに菓子の層と層の間に挟んだり、用途は広い。すなわち、バター、アーモンドの粉末、白ワイン、生クリーム、コーヒー、チョコレート、レモン、バニラ、オレンジなどを入れて、味と香りに変化をつけ、各種の菓子に使用される応用面の広いクリームである。ただし、このクリームには細菌が繁殖しやすいので、つねに注意して扱うことがたいせつである。[小林文子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカスタードクリームの言及

【クリーム】より

…クレームシャンティイーは,でき上がり1カップとして生クリーム180mlを乾いたボールに入れ,ボールごと氷で冷やしながら泡立て,かるく泡立ったところでふるいを通した砂糖40~60gを入れ,さらにクリームの先が立つくらいまで泡立ててから用いる。なお,カスタードクリームは牛乳,鶏卵,砂糖,小麦粉などを合わせたもので,シュークリームやクリームパンに用いる。【小室 康】
【化粧品のクリーム】
 油性成分と水性成分を混ぜて乳化させたもの。…

※「カスタードクリーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カスタードクリームの関連キーワードかめない、飲み込めないときの食事調理法さわやかなベリーのカスタードケーキ東京ばな奈 見ぃつけたっボストンクリームパイズッパ・イングレーゼなめらかプリンチョコcream paoなんじゃこらシューかまくらカスタープチプリンチョコカスタードケーキクリームイエローパステルデナタ小菊まんじゅうクリームパンミルフィーユミルクレープトライフルメロンパンかすたどん

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カスタードクリームの関連情報