カスティリア・レオン自治州(読み)カスティリア・レオン(英語表記)Castilla-León

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスティリア・レオン〔自治州〕
カスティリア・レオン
Castilla-León

スペイン北部中央の自治州。 1983年自治州となった。ほぼ中世末のカスティリア王国の領域にあたり,アビラブルゴスレオンパレンシアサラマンカセゴビアソリアバリャドリドサモラの9県から成る。メセタと呼ばれる中央高原北部を占め,北はカンタブリカ山脈,南はエストレマドゥラ,マドリード,カスティリア・ラマンチャ各州,西はポルトガル国境,東はイベリア山系に限られる。中心都市バリャドリド。内陸性気候で乾燥し,ヒツジなどの飼育や穀物,ブドウなどの栽培が行われる。バリャドリド,ブルゴスで工業が発達し,サモラ,サラマンカでは無煙炭を産出し,水力発電も盛ん。面積9万 4147km2。人口 253万 7495 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android