コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスティーリョ カスティーリョCastilho, António Feliciano de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスティーリョ
Castilho, António Feliciano de

[生]1800.1.28. リスボン
[没]1875.6.18. リスボン
ポルトガルの詩人,小説家。同国におけるロマン主義文学の創始者の一人。6歳のとき失明したが,コインブラ大学で博士号を受け,多くの文化的業績を残した。『エコーとナルシスの手紙』 Cartas de Eco a Narciso (1821) ,『春』 Primaveraで,古典詩人として出発。 1828年に,最初の小説『愛と憂愁』 Amor e Melancoliaを発表。詩では『城の夜』A Noite do Castelo (36) ,『吟遊詩人のねたみ』 Os Ciúmes do Bardo (36) が代表作。シェークスピア,モリエール,ゲーテらの翻訳者としても知られる。また,すぐれたポルトガル語の入門書を著わした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カスティーリョの関連キーワード古代都市チチェンアレクサンデル ムニョスエル・カスティーリョ洞窟アルフォンソ(13世)アルフォンソ(12世)チチェンイツァー遺跡ジェロニモス修道院ラテンアメリカ文学ポルトガル文学スペイン文学マトリス広場12月6日1月28日原始美術レアールサガスタムリリョ洞窟絵画

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カスティーリョの関連情報