カストナー

百科事典マイペディアの解説

カストナー

米国の化学技術者で電解工業の先駆者。ニューヨークに生まれ,コロンビア大学に学ぶが,中退してニューヨーク市で研究室を開設,アルミニウム製法を探求する。1886年渡英し,ナトリウム,カリウムの工業的製法を研究し,ナトリウムを用いたアルミニウム製造の工業化に成功。1890年食塩水の電解によるナトリウムの製法特許を得た。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カストナー【Hamilton Young Castner】

1858‐99
アメリカの化学技術者。ニューヨーク州ブルックリン生れ。1879年にコロンビア大学鉱山学部を中退して,ニューヨーク市で化学分析コンサルタント業を開業,86年イギリスに渡った。同地で88年に開始した彼の新法による金属ナトリウムを用いるアルミニウムの生産は,溶融塩電解法の出現で敗退した。しかし彼は,水酸化ナトリウムの溶融・電解による金属ナトリウムの採取法(1890特許)や,揺動水銀槽を用いて食塩水を電解する水酸化ナトリウムの製造法(1896工業化)を開発し,金属ナトリウムを原料とする過酸化ナトリウムの製造法,シアン化ナトリウムの製造法(1898)も確立して,金属ナトリウム製造の工業化に成功した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android