コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスナー カスナーKassner, Rudolf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスナー
Kassner, Rudolf

[生]1873.9.11. グロースパウロウィッツ
[没]1959.4.1. スイス,ジーレ
オーストリアの思想家,評論家。ウィーンベルリン両大学で学んだのち,ロンドン,パリに滞在,ジッドバレリーの知遇を得た。キルケゴールの影響を受け実存主義的立場を取る。ロシアインドにも旅行し,ホーフマンスタールリルケとも親交があった。主著『数と顔』 Zahl und Gericht (1919) ,『人相学』 Physiognomik (32) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カスナー
かすなー
Rudolf Kassner
(1873―1959)

オーストリアの観相学者。ウィーン大学でゲルマニスティク(ゲルマン学)、哲学を学び、イギリス神秘主義詩人を研究するとともに、インドの神秘説に多大な影響を受け、これが彼の全思索の根幹をなすに至った。そこからカスナーの観相学が成立するが、それは直観と想像力によって内部と外部との一致をみたとき、全一の顔の世界が現れるというのであって、要するに純粋な存在論である。だが神人を否定しなかったことから、倫理的な色彩を帯びている。最後には日本の禅に到達して終わっている。著述は『メランコリア』(1908)、『神話の創造力』(1928)、『観相学』(1932)など数多いが、観相学の難解なるゆえにあまり読まれていない。彼の存命中もっともよく理解しあえたのは、詩人のリルケだけであった。[塚越 敏]
『塚越敏訳『メランコリア』(1970・法政大学出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カスナーの関連キーワード地租改正レーピンローンヴァン・リード小幡甚三郎畠山太助堀田右馬允アチェ戦争血税一揆番号

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カスナーの関連情報