コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスナー カスナー Kassner, Rudolf

2件 の用語解説(カスナーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスナー
カスナー
Kassner, Rudolf

[生]1873.9.11. グロースパウロウィッツ
[没]1959.4.1. スイス,ジーレ
オーストリア思想家,評論家。ウィーンベルリン両大学で学んだのち,ロンドン,パリに滞在,ジッドバレリーの知遇を得た。キルケゴールの影響を受け実存主義的立場を取る。ロシアインドにも旅行し,ホーフマンスタールリルケとも親交があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カスナー
かすなー
Rudolf Kassner
(1873―1959)

オーストリアの観相学者。ウィーン大学でゲルマニスティク(ゲルマン学)、哲学を学び、イギリス神秘主義詩人を研究するとともに、インドの神秘説に多大な影響を受け、これが彼の全思索の根幹をなすに至った。そこからカスナーの観相学が成立するが、それは直観と想像力によって内部と外部との一致をみたとき、全一の顔の世界が現れるというのであって、要するに純粋な存在論である。だが神人を否定しなかったことから、倫理的な色彩を帯びている。最後には日本の禅に到達して終わっている。著述は『メランコリア』(1908)、『神話の創造力』(1928)、『観相学』(1932)など数多いが、観相学の難解なるゆえにあまり読まれていない。彼の存命中もっともよく理解しあえたのは、詩人のリルケだけであった。[塚越 敏]
『塚越敏訳『メランコリア』(1970・法政大学出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カスナーの関連キーワードグローランプグロースグロックナー山岳道路スパウト849 モーニングローズ スパイシーグローランサーIIIビクトリーステージ グローリーステップローレル バスパウダースペース・パトロールグロースファンドウォータースパウト

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カスナーの関連情報