コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスレ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カスレ
かすれ
Alfred Kastler
(1902―1984)

フランスの物理学者。エコール・ノルマル・シュペリュール(高等師範学校)に学び、高校教師・実験助手を務めたのち、1936年学位を取得。1938年ボルドー大学教授となり、1941年以降はパリ大学の教授。1940年代後半から、ブロッセルJean Brossel(1918―2003)とともに、原子の微細構造を検出するため、光とラジオ電波による磁気共鳴を同時におこさせる二重共鳴法を提唱した。1950年には、いわゆる光ポンピング法を組み合わせて二重共鳴法を完成させた。1951~1966年、この方法により数多くの原子の微細・超微細エネルギーレベルを検出した。「原子のヘルツ波共鳴の光学的研究法の発見と開発」により、1966年ノーベル物理学賞を受賞した。[高山 進]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カスレの関連キーワードマクストフ・カメラソフトフォーカス米韓合同軍事演習EFマクストフカメラ黒雲母花崗岩ウォラストン逆望遠レンズEFマウントアダメロ岩カストラーカストレルフランス電子銃

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android