コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重共鳴 にじゅうきょうめいdouble resonance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二重共鳴
にじゅうきょうめい
double resonance

物質中に2つの同等もしくは異なるスピンがあり,その間に相互作用がある場合,2種類の異なる周波数の電磁波を用いて同時に2つのスピンの磁気共鳴を行わせること。一方のスピンの共鳴線の強度,線幅などが他方の共鳴によりどのように変化するかを観測して,スピン間相互作用について研究したり,単独では観測が困難な共鳴を観測するのに使用される。最もよく利用されるのは超微細相互作用による電子核スピン二重共鳴である。これは ENDOR (electron-nuclear double resonance) と呼ばれ,核スピンを共鳴させたときに起る電子スピン共鳴の強度を観測するもので,イオン結晶中の着色中心,半導体中のドナー,不対電子の空間分布などについて知識を得るのに用いられる。他に核スピン同士の二重共鳴や,電子スピンを共鳴させたときに起る核スピン共鳴の強度を観測するもの (オーバーハウザー効果) などもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android