コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カゼルタ宮(読み)カゼルタきゅう(英語表記)La Reggia, Caserta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カゼルタ宮
カゼルタきゅう
La Reggia, Caserta

イタリア,ナポリ近郊のカゼルタにある宮殿および庭園。 18世紀前半に,両シチリア王国のカルロ4世 (のちのスペイン王カルロス3世) が遷都を考え,L.バンビテルリに命じて計画させた。建設途中でカルロ4世がスペイン王に即位したため遷都は実現しなかったが,1752年に始まる建設工事は 1774年にほぼ完了し,宮殿は 253m× 202mとヨーロッパ最大級の規模,さらに庭園も全長 3kmの水路を主軸とする広大なものとなった。カルロ4世の曾祖父がルイ 14世にあたるため,明らかにベルサイユ宮殿を意識した点が随所にみられる。水が山上の大グロッタからカスケードを流下し,大運河を流れる庭園構成などは,イタリア式庭園フランス式庭園の要素が重なり合っている。バンビテルリの当初の計画では王宮前に広場がつくられ,そこからナポリまで一直線に大通りが貫く予定であった。同じくバンビテルリによる水道橋,サン・レウチョ邸とともに 1997年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android