コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カソボン Isaac Casaubon

世界大百科事典 第2版の解説

カソボン【Isaac Casaubon】

1559‐1614
フランスのギリシア文学研究家。ジュネーブユグノーの家に生まれ,幼時より父から古典語の手ほどきを受け,1596年モンペリエ大学でラテン文学を講じるかたわら,ギリシア文学を研究。99年アンリ4世の招きでパリに赴き,宮廷講師,1604年王立図書館長次席となり,王の暗殺(1610)後イギリスを訪ね,その地で没した。墓はウェストミンスター・アベーにある。彼の古代文学・歴史作品の校訂注釈の業績は多岐にわたるが,主たるものは《ストラボン》注釈(1587),テオフラストスの《人さまざま》の校訂と注釈(1592),《スエトニウス》(1595),《テオクリトス》異読研究(1596),《アテナイオス》(1597)と注記(1600),《ヒストリアエ・アウグスタエ・スクリプトレス》(117‐284年のローマ歴代皇帝の諸伝記集にカソボンが付した題名,1603),《ペルシウス》(1605),《ポリュビオス》(1609)などの校訂と注釈が挙げられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のカソボンの言及

【ヘルメス思想】より

…そしてヘルメス・トリスメギストスの語録が《コルプス・ヘルメティクム》であると信じられた。これに対し,17世紀初頭にジュネーブ生れの文献学者カソボンが《コルプス・ヘルメティクム》を詳細に検討し,その文体が初期ギリシア語のものでないこと,後期ギリシア語の語彙から成っていること,プラトンやアリストテレスなどの哲学者たちがヘルメス・トリスメギストスについて何も語っていないこと,新約の《ローマ人への手紙》に似たところがあることなどから,キリスト教成立以後のもので,キリスト教徒ないし半キリスト教徒の手になるものとした。 エジプトには古くから学問・技芸の神トートへの信仰があり,先駆をなす思想はあったであろうが,ヘルメス思想はその現存最古の文献もギリシア語で書かれており,〈ヘルメス〉の語もギリシアの神名であってギリシア文化圏の中で形成されたことは疑えない。…

※「カソボン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カソボンの関連キーワードウェストミンスター・アベー

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android