コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタカタ鍾乳洞 カタカタショウニュウドウ

デジタル大辞泉の解説

カタカタ‐しょうにゅうどう【カタカタ鍾乳洞】

Cutta Cutta Caves》オーストラリア、ノーザンテリトリー北部の町キャサリンの南約30キロメートルにある鍾乳洞。約5億年前の石灰岩層に形成。同国最大規模の洞窟(どうくつ)として知られ、国立公園に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

カタカタしょうにゅうどう【カタカタ鍾乳洞】

オーストラリア最北端の観光地キャサリンから27kmに位置する、地下15m、全長約700mの鍾乳洞。外側はカルスト地形(侵食された石灰岩層)で、今から5億年ほど前から形成されてきた。絶滅の危機にあるコウモリや蛇、カエルなどが生息している。アボリジニ壁画も見ることができる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

カタカタ鍾乳洞の関連キーワードカンゴー鍾乳洞スタークフォンテン洞窟ジェノラン洞窟ナラコーテ洞窟国立公園テアナウ洞窟ティアナウ洞窟ゴマントン洞窟バトゥ洞窟マダイ洞窟カラオ洞窟

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android