カタカタ鍾乳洞(読み)カタカタショウニュウドウ

デジタル大辞泉の解説

カタカタ‐しょうにゅうどう【カタカタ鍾乳洞】

Cutta Cutta Caves》オーストラリア、ノーザンテリトリー北部の町キャサリンの南約30キロメートルにある鍾乳洞。約5億年前の石灰岩層に形成。同国最大規模の洞窟(どうくつ)として知られ、国立公園に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

カタカタしょうにゅうどう【カタカタ鍾乳洞】

オーストラリア最北端の観光地キャサリンから27kmに位置する、地下15m、全長約700mの鍾乳洞。外側はカルスト地形(侵食された石灰岩層)で、今から5億年ほど前から形成されてきた。絶滅の危機にあるコウモリや蛇、カエルなどが生息している。アボリジニ壁画も見ることができる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android