コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタバチック風 カタバチックカゼ

2件 の用語解説(カタバチック風の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カタバチック‐かぜ【カタバチック風】

katabatic》斜面を吹き下りる風。冷えた空気が重力によって斜面を下降するもの。斜面下降風。滑降風(かっこうふう)。カタバ風。→アナバチック風

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カタバチック風
かたばちっくかぜ

斜面を吹き降りてくる風。カタバチックkatabaticの語は、ギリシア語で下降を意味するカタkataと、越えて動いていく意味のバトスbatosからなり、斜面下降風と訳される。斜面上昇風anabatic windとは反対の風系である。斜面下降風が温暖なとき、これを一般にフェーンとよぶ。反対に寒冷なときは「おろし」またはボラなどとよばれているが、学術上の術語としては重力風という。カタバチック風のうち、もっとも簡単で小規模のものは、夜間に山腹を吹き降りてくる山風である。
 大規模なカタバチック風はボラのほか、ノルウェーの峡谷(フィヨルド)、グリーンランドおよび南極大陸の周辺部などに現れる。南極大陸沿岸部の東アデリー・ランドは世界でもっとも風の強い所であるが、その風は氷壁を吹き下ってくるカタバチック風である。1951年の観測によると、平均風速が毎秒33メートルに達した日数は1年で122日、14メートル以下の日はわずかに22日、その年の3月22日から23日にかけての平均風速は毎秒48メートルで、この3月の平均風速は29メートル、この年の年平均風速は18メートルに達した。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カタバチック風の関連キーワード真吹き息を吹き返す滑昇霧灰吹き火吹き火吹き竹火吹き達磨笛吹き粉を吹く吹口

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone