コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタンガ銅山 カタンガドウザン

デジタル大辞泉の解説

カタンガ‐どうざん【カタンガ銅山】

Katanga Copper Field》コンゴ民主共和国南東部、カタンガ州にある銅山。世界有数の産銅地帯にあり、1969年に日本企業による採掘が始められた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カタンガ銅山
かたんがどうざん
Katanga Copper Field

コンゴ民主共和国(旧ザイール)南東部、カタンガ州にある銅山。先カンブリア紀の花崗(かこう)岩、片麻(へんま)岩を基盤として銅鉱床が発達している。主要鉱床は西部、中部および南部に分かれ、ムピン、カモト、ルブンバシ、ムトシ、カカンダ、ムソニなどの大鉱山が稼行している。大部分は露天掘りで、坑内掘りは一部分にすぎない。1969年(昭和44)から日本鉱業が権益を得て、ムソシ鉱山を開山した。カタンガ・カッパーベルトは隣接するザンビア・カッパーベルトとともに世界有数の産銅地帯をなしている。
 ペルー南部のクスコ県にもカタンガ銅山があり、酸化銅を産出している。[房村信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カタンガ銅山の関連キーワード元素発見史(年表)走査型近接場光顕微鏡後藤英樹大久保なつみField Tripリンカーンの「ゲティスバーグの演説」サッカーの用語シャバ[州]シャバ[州]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android