コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 たい field

翻訳|field

10件 の用語解説(体の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


たい
field

数学用語。最も常識的には,加減乗除の四則 (0で割る除法を除く) が自由にできるような元の集合のこと。においては,加法,減法,乗法の3演算が可能であったが,この環がさらに0以外による除法をも成立させる集合であれば,これを体という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

からだ【体/×躰/×躯/身体】


㋐動物の頭・胴・手足などのすべてをまとめていう語。五体。しんたい。「―を横たえる」
㋑頭・手足を除いた、胴。「―を反らす」「―の線が崩れる」
㋒体格。骨格。からだつき。「がっしりした―」
健康状態。また、体力。「―を悪くする」「お―に気をつけて」「―の弱い子供」

㋐生理的存在としての身体。肉体。「―で覚える」「―が糖分を欲求している」「―を使う仕事」
㋑性的な対象としてみた身体。肉体。「―を許す」「―の関係がある」
㋒社会的活動を営む主体としてみた身体。身(み)。「今夜は―が明いている」「―がいくつあっても足りない」
死体。なきがら。
「―はどこに捨ててある」〈浄・布引滝

たい【体】

[名]
からだ。身体。「を預けて寄り切る」
そのものとしてのかたち。すがた。「論文としてのを整える」
物事の本質をなすもの。「名はを表す」
生け花で、天または地の役枝(やくえだ)のこと。
四則算法の可能な集合。有理数全体・実数全体・複素数全体など。しかし自然数全体・整数全体などは体ではない。
[接尾]助数詞。神仏の像や死体などを数えるのに用いる。「仏像一

たい【体〔體〕】[漢字項目]

[音]タイ(呉) テイ(漢) [訓]からだ
学習漢字]2年
〈タイ〉
四肢・骨格などで組み立てられたものとしてのからだ。「体育体温体格体質体重体操体力巨体五体死体上体身体人体聖体胴体肉体女体病体裸体老体
各部分を組み立てたまとまりのある形や組織。「体系体制詩体字体政体全体団体文体
一定の形や働きをもつ存在。「体積液体機体客体球体実体主体船体天体媒体物体本体
身につける。「体験体得
「体言」の略。「連体詞
〈テイ〉見かけのようす。「体裁憎体(にくてい)人体(にんてい)風体面体
[補説]「躰」は「體」の俗字。
[名のり]なり・み・みる・もと
[難読]為体(ていたらく)

てい【体/態】

[名]
外から見た物事のありさま。ようす。「満足の―」「そしらぬ―」
見せかけ。体裁。「―のいい返事」
[接尾]名詞・人代名詞などに付いて、そのようなもの、そのようなようすなどの意を表す。「職人―の男」
「己等(おのら)―に討たるるならば手柄次第に討て見よ」〈浄・佐々木大鑑〉

てい【体】[漢字項目]

たい

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

からだ【体 body】

生物の個体を,一定の構造と機能の統合された完結性と独立性をもつ物体としてみるとき,それを〈体〉という。しかし,体には広狭2種の意味合いがある。広義では生物体とほぼ同義であり,狭義ではヒトを中心とする高等動物の身体をさす。広義で,生物体としての体は,単細胞と多細胞,植物と動物とをとわず,すべての生物個体の物質的実体である。しかし,各種生物の生活環の各段階における個体性,つまり個体のあり方に応じて,体の概念はさまざまである。

たい【体 field】

有理数全体,実数全体,複素数全体のように四則演算が(0で割ることを除外して)できる体系を体という。このような体系が意識されるようになったのは,方程式代数的解法の研究に伴って,一つの代数方程式の根の全体,または一部についての整式で表される数の体系が扱われるようになったことによる(ガロアの理論)。やがてJ.W.R.デデキントが体の概念を定義し,ガロア群を根の置換としてでなく,体の自己同型として考察した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たい【体】

[1] ( 名 )
からだ。身体。 「 -が浮く」 「 -を開いてはたく」
一定の内容と形式をそなえて現れるかたち。 → 体をなす
事物の本質。実体。 「名は-を表す」 「論孟二書、総て仁の用を説て、一も-に及ぶ者なし/童子問」
「体言」の略。
〘数〙 四則算法の可能な集合。すなわち加法と乗法が定義されている集合について、加法について可換群であり、加法についての群の単位元以外の元は乗法に関して可換群であり、加法・乗法の間に分配法則が成り立つならば、その集合を体という。
( 接尾 )
助数詞。人の遺体や神仏などを数えるのに用いる。 「身元不明の死体一-」 「千-の仏像」
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


たい
field

可換環Kの零元以外の元全体が乗法で群になるとき、Kを体という。体においては、足し算引き算掛け算割り算の四則演算ができる。有理数全体Q、実数全体R、複素数全体Cは、普通の数の四則で体になる。それぞれ有理数体、実数体、複素数体という。体は、零元と異なる単位元をもち、零因子のない可換環、つまり整域である。整数全体Zは整域であるが体でないように、整域は体と異なるが、整数環Zから分数をつくって有理数体Qを構成するように、任意の整域Aから、Aの商体といわれる体
  K={a/b|a,b∈A,b≠0}
がつくれる。たとえば、体k係数の多項式全体の整域k[X]の商体は、k上の有理関数体
  k(X)={f(X)/g(X)|f(X),
  g(X)∈k[X],g(X)0}
である。
 単位元をもつ可換環Aのイデアルによる剰余環A/={a+|a∈A}に対して、
  A/:体
   ⇔:Aの極大イデアル
が成り立つ。この性質を用いて体をつくることができる。たとえば、ある素数pで割り切れる整数全体Z・pは整数環Zの極大イデアルであるから、剰余環Z/Z・pは体になる。この体Z/Z・pはp個の元
  0+Z・p,1+Z・p,
  ……,(p-1)+Z・p
からなっている。このように有限個の元からなる体を有限体といい、Q、R、Cのように無限個の元をもつ体を無限体という。
 体Kから体K′の上への一対一写像ρが
  ρ(a+b)=ρ(a)+ρ(b),
  ρ(ab)=ρ(a)ρ(b) (ab∈K)
を満たすとき、ρをKからK′の上への同形写像という。このとき、ρの逆写像ρ-1もK′からKの上への同形写像となり、二つの体K、K′は、体として同じ性質をもつ。このゆえに、KからK′の上への同形写像があるとき、体Kと体K′は同形であるという。
 いまω=(-1+)/2をとり、Q係数の多項式f(X)にωを代入して得られる複素数f(ω)全体の集合をQ(ω)とする。この集合Q(ω)は、数の加法と乗法で整域になっていることはすぐわかるが、実は体である。実際、ωが多項式p(X)=X2+X+1の根であることに注意すると、多項式f(X)に対し、f(ω)≠0なら
  a(X)f(X)+b(X)p(X)=1
を満たすa(X),b(X)∈Q[X]があるが、この式にX=ωを代入してf(ω)-1=a(ω)∈Q(ω)が示されるからである。さらに、体Q(ω)は、多項式環Q[X]の、p(X)で割り切れる多項式全体のつくる極大イデアルによるQ[X]/に同形であり、Q(ω)の元は、a+bω(a,b∈Q)の形に一意的に書けることが知られている。前のωのように、零多項式でない有理数係数の多項式の根になっている複素数αを、一般に代数的数というが、このようなαに対し
  Q(α)=
  {f(α)∈C|f(X)∈Q[X]}
は、Q(ω)と同じようなQを含み、Cに含まれる体になる。このような体を代数数体という。
 体kが体Kに含まれ、kの任意の元a、bの四則演算が、a、bをKの元とみなした四則演算に一致するとき、体kを体Kの部分体という。QはRの、RはCの部分体であり、前述のQ(α)はCの部分体である。体Kには、ただ一つの最小の部分体Fがある。Fは有理数体Qか、またはZ/Z・p(pはある素数)のいずれかに同形である。それぞれの場合に従って、Kの標数は0であり、またはpであるという。Q,R,C,Q(α)のような数の体の標数は0であり、(Z/Zp)(X)の標数はpである。標数pの体では、
  p・a=0,
  (a+b)p=ap+bp (a,b∈K)
が成り立ち、標数0の体とだいぶようすが違う。
 体はデーデキントらによって、多項式の根を代数的に求める問題などに関連して考え出されたが、今日の代数学の重要な基本概念の一つになっている。[菅野恒雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【水彩】より

…透明性も水彩の特色の一つと考えられているが,これに増粘剤(膠(にかわ))を混入すると不透明性が得られ,これをグアッシュと呼ぶ。またより重厚なマティエールを出すため,これに不透明な白色顔料(ボディbody)を加えることが多いので,不透明水彩をボディ・カラーと呼ぶこともある。また煤(すす)から作られるビスター,イカの墨から作るセピアで描いた単色画も水彩に近いものをもっている。…

【胴】より

…胴体,軀幹(くかん),体幹ともいう。頭,尾,付属肢,触角などの突出部を除く動物体の中心的な部分。普通は大きい塊をなし,内部に体腔をもち,そこにほとんどの内臓諸器官をおさめている。無脊椎動物では,胴といえる部分を識別できるのは節足動物だけであるが,胴の構成は分類群によって多少異なる。大半のグループでは胴は明りょうに分節した胸部と腹部からなるが,クモ類やカニ類では頭部と胸部が一体となって頭胸部をなし,それと腹部とが胴に相当する。…

【園耕】より

…また栽培される作物は,このような周到な管理によって,はじめて量質ともにすぐれた収穫をあげうるような性質をもっている。古来,ヨーロッパ農業においては,集落近辺の農地を柵などで囲って園地gardenとし,ここで野菜や果樹の栽培を行うのが一般であり,外側の耕地fieldで行われる穀物栽培とは集約度という点で著しく異なり,このため,園耕と穀耕とがとくに区別されてきたのである。近代ヨーロッパにおける農村共同体の解体と,これと並行して進行した農業機械を中軸とする農業技術の発展は,農地の地割り制を変化させ,作物別の土地利用方式を一変させてきているが,園芸作物を中心とした集約的な農耕方式に対しては,依然,園耕という用語の使用される場合が少なくない。…

【場】より

…一般には,空間そのものが何らかの作用(物理的,心理的)をもち,そこに現象を生じさせると考えられるとき,その空間を〈場〉と呼ぶ。場の概念は,必ずしも〈場〉と呼ばれない場合も含めて,今日,科学の諸領域で重要な役割を果たしつつある。それは,一つにはニュートン力学的な遠隔作用を前提とする力の概念に対抗して,またもう一つには原子論的発想に対抗して,とりあえずは19世紀に生まれた。したがって,出発点は物理学にあるといってよい。…

【畑∥畠】より

…〈はた〉とも読む。水田以外の耕地,すなわち水をたたえることなしに農作物を栽培する耕地をいう。水稲以外のほとんどの農作物は,水をたたえることなしに栽培するのが普通であるから,世界的にみて水稲作を行わない地域では,耕地はすなわち畑を意味する。水稲作を農業の根幹としてきた日本では,灌漑の可能な耕地のほとんどは,水田として造成されてきた経緯があり,土地登記上の地目としても,統計上の取扱いにしても,水田と畑は明確に区別されている。…

【四則】より

…また,二つの自然数の和,積は自然数であるが,29-33のように,差はかならずしも自然数とはならず,自然数の範囲内では減法も可能とは限らない。一般に,四則演算が可能な集合を体という。上の例では,有理数の集合,実数の集合や複素数の集合は体であるが,整数の集合や自然数の集合は体ではない。…

※「体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

体の関連キーワード一・壱・壹一打ち逸・一・佚・溢・逸一再国方事欠けざら見出づ真し一本木

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

体の関連情報