コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッターナイフ カッターナイフ

大辞林 第三版の解説

カッターナイフ

cutter+knife〕
切れが悪くなったら、部分的に折り取ってゆく刃を備えた、主として工作用のナイフ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のカッターナイフの言及

【ナイフ】より

…(7)カッティングナイフ 主として先端の部分を利用して紙などを切りぬいたりするナイフの総称。帯状の刃を順次折りとって部分的に使い捨てていく方式のナイフは日本で1959年に考案され,カッターナイフと通称されている。
[食卓用ナイフ]
 食卓の料理を切り分けるための大型ナイフは古代ローマ時代にも使われ,現在も飾りのついたカービングナイフを用いて客の前で七面鳥を切ったりするが,かつてはめいめいが指先でつまんで食べていた。…

※「カッターナイフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カッターナイフの関連キーワード佐世保市小6女児同級生殺害事件立花町差別はがき事件朴 槿恵カッターフレーヌナイフ氷浦紫切れ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カッターナイフの関連情報