コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッテンデイケ Kattendijke,W.J.C.Huyssen van

1件 の用語解説(カッテンデイケの意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

カッテンデイケ

没年:1866.2.6(1866.2.6)
生年:1816.1.22
幕末のオランダ海軍軍人。正式にはハイセン・ファン・カッテンデイケ。1856年勅命で植民大臣付きに補せられる。57年3月,江戸幕府がオランダ政府に建造を委託した2隻のうちコルベット艦ヤーパン号(咸臨丸)が竣工,これの回航も兼ねて,長崎海軍伝習所オランダ海軍第1次教師団長ペルス=ライケンの後任として安政4年8月5日(同年9月22日)長崎に来着,9月15日(11月1日)業務を引き継いだ。ライケンが航海科出身であったのに対して,運用科出身者として船乗りの常識と艦内規律を教え,咸臨丸で実地巡航をこなした。安政6年10月10日(11月4日)帰国,その後海軍大臣に就いた。『長崎海軍伝習所の日々』(水田信利訳)の著書を残す。<参考文献>藤井哲博『長崎海軍伝習所』

(内海孝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

カッテンデイケの関連キーワード英学池内蔵太海保漁村木下逸雲吉良仁吉小島紋次郎シーボルトニール山県太華テッシェン岩

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone