コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カトマンズ盆地 カトマンズぼんちKātmāndu Valley

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カトマンズ盆地
カトマンズぼんち
Kātmāndu Valley

ネパール中東部にあるネパール最大の盆地。直径約 20kmのほぼ円形の盆地で,標高約 1300m。ネパールで人口密度の最も高い地域。バグマチ川と支流のビシュヌマチ川,マナウラ川,ハヌマン川など周辺の山地を水源とする川が多く流れる。昔は湖であったといわれ,肥沃な農地と温暖な気候に恵まれ,水田による米作を中心として穀類,豆類,蔬菜類が生産されている。かつてこの盆地が三つの王国に分かれていたときの都,カトマンズラリトプールパタン),バクタプールバドガオン)には歴史的建造物が数多く残され,各都市のダルバール広場(王宮広場)と 12~18世紀に建立された四つのヒンドゥー教・仏教の遺跡群は 1979年世界遺産の文化遺産に登録された。しかし 2015年4月25日に発生したカトマンズ北西約 80kmを震源とするマグニチュード7.8の地震によって,特に 3都市のダルバール広場にある建造物の半数以上とチャングナラヤン寺院が壊滅的な被害を受けた。盆地内は,一周する環状道路とカトマンズから放射される道路によって結ばれ,盆地の中心には国際空港,トリブバン大学がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のカトマンズ盆地の言及

【ネパール盆地】より

…ネパール中央部,首都カトマンズを含む盆地。カトマンズ盆地Kāthmāndu Valleyとも呼ばれる。南のマハーバーラト山脈と北の大ヒマラヤ山脈との間に介在する標高約1300mの中間低地にあたり,東西約20km,南北約35kmの小盆地。…

※「カトマンズ盆地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カトマンズ盆地の関連キーワードニールズ グッチョウネパールの王宮広場カトマンズの渓谷ネパール盆地ネパール美術ネワール族ネパール人バトガウンポカラ盆地スワヤンブパータンネワールタマングルカ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android