コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナクギノキ かなくぎのき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カナクギノキ
かなくぎのき
[学]Lindera erythrocarpa Makino

クスノキ科の落葉小高木。高さは普通は約5メートル。樹皮は灰褐色であるが、不規則な薄片となってはげ落ちた跡が鹿の子(かのこ)模様となり、「鹿の子木」が変化してこの名になったという。葉は互生し、質は薄いがじょうぶで、倒披針(とうひしん)形、長さ5~15センチメートル、全縁。雌雄異株。花は4~5月、葉腋(ようえき)から出た散形花序につき、淡黄緑色。果実は液果、9~10月に赤く熟す。静岡・長野県以西の本州、四国、九州および朝鮮、中国大陸中南部、台湾に分布する。材は楊枝(ようじ)や細工物に用いる。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカナクギノキの言及

【クロモジ(黒文字)】より

…枝葉からはクロモジ油が得られ,かつて香料原料として採集されていた。 クロモジ属Linderaには日本に数種があるが,そのうちカナクギノキL.erythrocarpa Makinoは高さ10mになる落葉中高木で本州の中部以西,四国,九州,朝鮮半島,中国の暖帯に分布する。果実は赤熟する。…

※「カナクギノキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カナクギノキの関連キーワード蕎麦木金釘

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カナクギノキの関連情報