コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニグモ Thomisidae; crab spider

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カニグモ
Thomisidae; crab spider

クモ綱クモ目カニグモ科に属する種類の総称。狭義にはカニグモ属 Xysticusの総称。前2対の歩脚が後2対よりも長く,前だけでなく横にも歩くことができるのでその名がある。徘徊性で,物陰にひそんで不意に獲物を襲う。日本産はハナグモなど約 50種が知られる。最も普通にみられるのはヤミイロカニグモで,体長7~8mm,5~9月頃活発に草の間を徘徊する。カニグモ科や近縁のエビグモ科 Philodromidaeには,ガザミグモ属 Pistius,ヤドカリグモ属 Thanatus,シャコグモ属 Tibellus,エビグモ属 Philodromusなど,甲殻類にちなんだ名が多い。 (→クモ類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カニグモ【crab spider】

カニグモ科Thomisidaeに属するクモの総称。世界では約2000種,日本では約60種が知られており,頭胸部,腹部ともに長さより幅のほうが広い種が多く,また第1,2脚がとくに長大でカニに似ていて横にも歩けるのでこの名がある。網を張らない徘徊性のクモで,ハナグモ,カニグモ,アシナガカニグモ,ワカバグモ,アズチグモ,フノジグモ,エビスグモなどの属を含み,その形からとくにエビグモ,ガザミグモ,シャコグモなどのように海の動物の名がつけられているものが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カニグモ
かにぐも / 蟹蜘蛛
crab spider

節足動物門クモ形綱真正クモ目カニグモ科(とくにカニグモ亜科)の陸生動物の総称。第1、第2脚が長く、前方のほか側方にも歩けるのでこの名がある。網を張らず物陰に潜み、不意に獲物を襲う。種類は多く、日本ではカニグモ科のものは約40種いる。ハナグモMisumenops tricuspidatusは体長5~6ミリメートルで、緑色の美しいクモで花にくる昆虫をとらえる。ヤミイロカニグモXysticus croceusは体長7~8ミリメートルで、褐色で、草間を徘徊(はいかい)する。フノジグモSynaema globosumは体長約7ミリメートルで、黄色の腹部に黒色の「不」の字の斑紋(はんもん)がある。カニグモ科には甲殻類の名をとったものが多く、カニグモのほかにエビグモ、シャコグモ、ガザミグモ、ヤドカリグモなどがある。[八木沼健夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カニグモの関連キーワードハナグモ(花蜘蛛)アメリカジガバチ若葉蜘蛛蟹蜘蛛花蜘蛛

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android