コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニャール・ド・ラ・トゥール Cagniard de La Tour, Charles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カニャール・ド・ラ・トゥール
Cagniard de La Tour, Charles

[生]1777.3.31. パリ
[没]1859.7.5. パリ
フランスの技術者,生物学者。パリの高等理工科学校に学ぶ。後年パリ市の技術顧問をつとめた。研究や発明は広範な領域にわたっており,水力エンジンの開発,サイレンの発明を行い,音響学,結晶学において業績を残したほか,発酵の研究も行なっている。彼は発酵の研究に顕微鏡観察を導入した最初の一人として知られ,発酵素が小さな袋状の構造体が集ってできていることを見つけ,この小胞の挙動を詳細に観察し,それを植物の一種と推定した。そして,1838年発酵作用はこの植物の生命活動によると唱えた。この年に,T.シュワンも同様の考えを明らかにしたが,彼らの説は J.リービヒの攻撃を受け,定説とはなりえなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カニャール・ド・ラ・トゥールの関連キーワード3月31日サイレン構造体音響学研究小胞発酵発明

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android