コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュワン シュワン Schwann, Theodor

6件 の用語解説(シュワンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュワン
シュワン
Schwann, Theodor

[生]1810.12.7. ノイス
[没]1882.1.11. コロネ
ドイツの生理学者,解剖学者。ボン,ベルリン両大学で医学を学んだのち,ベルリン大学で J.ミュラーの助手をつとめる (1834~38) 。 1836年,消化作用をもつ物質を胃液から取出すことに成功,ペプシンと名づけた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シュワン(Theodor Schwann)

[1810~1882]ドイツの動物生理学者。胃液のペプシン、神経のシュワン鞘(しょう)を発見。また、生物体の構造ではシュライデンとともに細胞説を提唱。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シュワン

ドイツの動物生理学者。ベルリン大学でJ.ミュラーの教えを受け,後リエージュ大学教授。ペプシンの発見,酵母生物説や自然発生説の否定等,多くの業績があるが,なかでもシュライデンの示唆を受けて細胞説を確立した功績は大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シュワン【Theodor Schwann】

1810‐82
ドイツの生理学者。ノイスに生まれ,ボン大学その他で医学を修めたのち,1834年ベルリン大学のJ.ミュラーの助手となる。以後5年間におこなった研究は多方面に及び,胃液中のペプシンの発見,神経繊維シュワン鞘(しよう)の記載等があるが,最大の功績は細胞説を確立したことにある。すなわち,M.J.シュライデンの示唆を受け,脊索・軟骨その他広範な動物組織が細胞またはその変形物で成り立っていることを確認した(1838)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

シュワン【Theodor Schwann】

1810~1882) ドイツの動物生理学者。シュライデンとともに細胞説を提唱。消化酵素ペプシンや神経のシュワン鞘を発見したほか、発酵や腐敗が微生物によって起こるという考えも示した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュワン
しゅわん
Theodor Schwann
(1810―1882)

ドイツの解剖学者、細胞学者。ライン地方のノイスに生まれる。ボン、ウュルツブルク、ベルリンの各大学に学び、卒業後ベルリン大学のJ・P・ミュラーの助手となった。1839年ルーバン大学の解剖学教授となり、数年後リエージュ大学に移って、終生同大学の教授を務めた。ベルリン時代の若いころに、細胞学説の提唱、神経のシュワン鞘(しょう)の発見、筋肉の生理学的研究、胃液のペプシン作用の発見、アルコール発酵の研究などの貴重な仕事を成し遂げた。細胞学説で、動物体および植物体はともに単細胞、または細胞の複合よりなることを説き、それまでほとんどの研究者が厳然と区別した動物と植物を、同一の次元で観察した。
 シュワンの『回顧談』(1878)によれば、ベルリンで植物学者M・J・シュライデンと昼食をともにしたとき、植物細胞の発達に対して細胞核のもつ意義をシュライデンから知らされたのがきっかけで、魚の脊索(せきさく)の細胞核を観察し、同じ原理が動物にも当てはまることを確認したのだという。1839年にこの説を『動植物の構造と生成の一致に関する顕微鏡的研究』Mikroskopische Untersuchungenにまとめている。[古川 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシュワンの言及

【酵素】より

… 酵素はこのようにして,日常生活に不可欠な存在として人類と深いかかわりをもってきたのであるが,その存在と実体が認識されたのは,近々,わずか数百年前のことであった。
[酵素研究の歩み]
 上述のように,発酵という微生物の細胞の働きを通して,その実体がなんであるかは不明のまま,人類は酵素を有効に利用してきたのであるが,酵素を生命体から抽出単離して利用することが可能であることを実証したのは,パヤンAnselme Payen(1795‐1871)とペルソJean François Persoz(1805‐68)による酵素ジアスターゼの発見・命名(1832)と,麦芽の無細胞抽出液によるデンプンの糖化の達成(1833),さらにT.シュワンによる胃液中の消化酵素の発見(1836)とペプシンの命名がこれに続くいくつかの先駆的業績のきっかけとなった。 酵素はこうして生命現象そのものと決して不可分ではないという認識がしだいに深まってきたが,有名なJ.F.リービヒとL.パスツールの生気論争,またE.ブフナーによる酵母の無細胞抽出液によるアルコール発酵の達成(1896)を頂点として,酵素分子が生体内の代謝を行うタンパク質性の触媒であることへの理解が深まっていったが,決定的な証拠はまだ得られなかった。…

【シュライデン】より

…1838年《植物発生論》を発表,植物体の構成要素は細胞であり,細胞は独自の生命を有するという考え(細胞説)を明らかにした。彼の細胞説はT.シュワンによって完成されたが,両者とも細胞形成については誤った見解を示した。 主著《科学的植物学概要Grundzüge der wissenschaftlichen Botanik》(1843完成)は,細胞を基盤に置いた教科書であり,その後の植物学教科書の典型となった。…

※「シュワン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シュワンの関連キーワードヘルムホルツリヒトホーフェンベドノルツ比較生理学マイヤーホーフ小池厳雄ディッセアショフブリュックナーペッファー

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュワンの関連情報