コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カネヒラ カネヒラAcheilognathus rhombeus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カネヒラ
Acheilognathus rhombeus

コイ目コイ科。全長 10cmになる。体は菱形で側扁し,体高は高い。口角に1対の短い口ひげがある。側線は完全。雄の婚姻色は,体側背方は鮮青緑色,腹方は淡紫色から淡桃色となる。雌の産卵管は淡灰色。肩部に三角形の青緑色斑がある。産卵期は秋。湖の沿岸部や川のよどみにすむ。琵琶湖以西の本州,九州北西部,朝鮮半島南部に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カネヒラの関連キーワードキントキダイ(金時鯛)クルマダイ(車鯛)高山動物タナゴ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カネヒラの関連情報