カノッサ事件(読み)かのっさじけん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カノッサ事件
かのっさじけん

ドイツ王(神聖ローマ皇帝)ハインリヒ4世が教皇グレゴリウス7世に屈服して赦免を得た事件。帝権と教権との争い(聖職叙任権闘争)の頂点をなす。かねてから皇帝の集権政策に不満を抱くドイツ諸侯は、1076年に王が教皇から破門されると、これを機に王廃位を決議した。王はこの危機を回避するため、翌77年1月北イタリアのアペニン山中のカノッサCanossa城に滞在する教皇を訪ね、雪中を3日間城門の前にたたずんで赦免を請い、ようやく破門を解いてもらった。これは、帝国の皇帝教皇主義がローマの至上権の前に屈し、王が諸侯との争いに教皇を仲裁者として認めたことを意味し、皇帝権の敗北を示す。この事件が「カノッサの屈辱」とよばれるゆえんもここにある。[野口洋二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android