雪中(読み)せっちゅう

精選版 日本国語大辞典「雪中」の解説

せっ‐ちゅう【雪中】

〘名〙 雪の降る中。また、雪の積もった中。
※性霊集‐五(835頃)請福州観察使入京啓「但知。雪中枕肱。雲峯喫菜」
※車屋本謡曲・車僧(1514頃)「実(げに)雪中に山路なし」 〔李商隠‐崔処士詩〕

ゆき‐なか【雪中】

〘名〙 雪の降る中。また、雪の積もった中。せっちゅう。
※まほら(1948)〈結城哀草果〉「雪なかを橇に箱のせ花売れり小花エリカの一束あはれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android