コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カブトゴケ Lobaria

2件 の用語解説(カブトゴケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カブトゴケ【Lobaria】

山地の樹皮や岩上に生えるヨロイゴケ科の大型葉状地衣。盃点や偽盃点はないが,下面にトメンタがある。共生藻は緑藻またはラン藻。日本産は21種。日本各地に多いヘラガタカブトゴケL.spathulata (Inum.) Yoshim.(イラスト)は表が緑色で,地衣体は革質,直径30cm以上になる。裂片は不規則に分枝し,幅1~2cm,先端は裁断形,表には網目状の凹凸があり,扁平な小裂片を多数生じる。裏は淡褐色で,表に対応する凹凸があり,全体に淡褐色の短いトメンタをつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カブトゴケ
かぶとごけ

地衣類ヨロイゴケ科のカブトゴケ属の総称。日本には約20種が知られている。地衣体は平らな葉状体で、不規則に二又状に分かれ、内部の共生藻には緑藻の場合と藍藻(らんそう)の場合とがある。子器は柄がなく、地衣体の先につき、杯(さかずき)状で、表面は褐色になる。地衣体には粉芽も裂芽もないことが多い。山地の樹幹や根元によく生え、ときに林の中の腐植土上にコケ類とともに生育する。
 代表的な種としてナメラカブトゴケLobaria orientalis (Asah.) Yoshim.があり、ブナやウラジロモミなどの樹幹に着生する。地衣体は径20センチメートルくらいになり、集合して大きな広がりをもつこともまれではない。形は緩く二又状に分かれ、表面が湿っていると鮮緑色、乾くと黄褐色となり、盛り上がったり、くぼんだりして、やや網目状の模様をもつ。裏側は淡褐色で、溝目状となる。共生藻は緑藻である。エビラゴケL. discolor (Bory) Hueも、各種の樹皮に生える葉状の地衣体で、径10センチメートル前後となる。地衣体の表面は滑らかでつやがあるが、網目模様はない。裏側は淡褐色で、網目状模様はもたない。[佐藤正己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カブトゴケの関連キーワード梅の樹苔兜苔鞍馬苔白髪苔毛氈苔リトマス苔泡苔大杉蘚口紅茸袋羊歯

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone