コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カブトゴケ Lobaria

世界大百科事典 第2版の解説

カブトゴケ【Lobaria】

山地の樹皮や岩上に生えるヨロイゴケ科の大型葉状地衣。盃点や偽盃点はないが,下面にトメンタがある。共生藻は緑藻またはラン藻。日本産は21種。日本各地に多いヘラガタカブトゴケL.spathulata (Inum.) Yoshim.(イラスト)は表が緑色で,地衣体は革質,直径30cm以上になる。裂片は不規則に分枝し,幅1~2cm,先端は裁断形,表には網目状の凹凸があり,扁平な小裂片を多数生じる。裏は淡褐色で,表に対応する凹凸があり,全体に淡褐色の短いトメンタをつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カブトゴケ
かぶとごけ

地衣類ヨロイゴケ科のカブトゴケ属の総称。日本には約20種が知られている。地衣体は平らな葉状体で、不規則に二又状に分かれ、内部の共生藻には緑藻の場合と藍藻(らんそう)の場合とがある。子器は柄がなく、地衣体の先につき、杯(さかずき)状で、表面は褐色になる。地衣体には粉芽も裂芽もないことが多い。山地の樹幹や根元によく生え、ときに林の中の腐植土上にコケ類とともに生育する。
 代表的な種としてナメラカブトゴケLobaria orientalis (Asah.) Yoshim.があり、ブナやウラジロモミなどの樹幹に着生する。地衣体は径20センチメートルくらいになり、集合して大きな広がりをもつこともまれではない。形は緩く二又状に分かれ、表面が湿っていると鮮緑色、乾くと黄褐色となり、盛り上がったり、くぼんだりして、やや網目状の模様をもつ。裏側は淡褐色で、溝目状となる。共生藻は緑藻である。エビラゴケL. discolor (Bory) Hueも、各種の樹皮に生える葉状の地衣体で、径10センチメートル前後となる。地衣体の表面は滑らかでつやがあるが、網目模様はない。裏側は淡褐色で、網目状模様はもたない。[佐藤正己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カブトゴケの関連キーワード地衣植物無性生殖異層地衣

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android