コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプレラ[島] Isola Caprera

1件 の用語解説(カプレラ[島]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カプレラ[島]【Isola Caprera】

地中海のサルデーニャ島の北東2kmにあるイタリア領の小島。面積15.75km2リソルジメントに貢献したガリバルディが,1855年この島を買い取り,居を定めたことで知られる。彼は1861年の統一国家実現後,島に戻った。その後,フランスイギリスで人民闘争の英雄として迎えられ,また,義勇軍を率いカラブリア北イタリアに遠征したが失敗し,66年,カプレラ島に送還,軟禁され,この島で生涯を閉じた。1907年,彼の住居と墓は国家的記念碑に指定された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カプレラ[島]の関連キーワードオルビアカリアリサルデーニャサルデーニャ王国キプロス島サンパンクラツィオの塔ティレニア海ネプチューンの洞窟バルーミニポルトチェルボ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone