コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルデーニャ島 サルデーニャとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルデーニャ島
サルデーニャとう

サルジニア島」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サルデーニャ島
さるでーにゃとう
Sardegna

イタリア半島の南西、地中海に浮かぶ台地状の島。英語名サルディニア島Sardinia。南北長約260キロメートル、東西幅約120キロメートル、面積2万3833平方キロメートル。シチリア島に次ぐ地中海第二の島。周辺の島々とともにサルデーニャ自治州を形成する。州の面積は2万4090平方キロメートル、人口159万9511(2001国勢調査速報値)。サッサリヌオロカリアリと、1974年発足のオリスターノの4県で構成される。州都はカリアリ。島内最高点はジェンナルジェントゥ山塊中のラ・マルモラ山(1834メートル)。島の海岸線は1385キロメートルと長いが、その大部分は断崖(だんがい)であり、海岸平野が開けている場合でもその多くはマラリアの蔓延(まんえん)する低湿地であったため、住民は内陸部に住む傾向が強かった。牧羊と粗放的な穀作、それに林業と鉱業が伝統的な生業であった。20世紀に入ってからも近代化の恩恵を受けることなく、工業も概して未発達で、イタリアの後進的な地方であった。1960年代から南部開発政策の一環として、ポルト・トッレスとサッロークに精油・石油化学、オッターナに化学繊維、ポルトベスメにアルミニウムなどの近代工業が誘致されたが、それらの島内経済への貢献度はかならずしも大きいとはいえない。[堺 憲一]

歴史

城塞(じょうさい)などに使われたとされる、巨石でつくられたヌラーゲnuragheとよばれる遺跡などから、高い水準の文化が先史時代に栄えていたといわれる。その後、カルタゴ人がカリアリなどの沿海都市に現れ、紀元前7世紀には奥地への植民を開始した。前6世紀中葉にはギリシア人も島の北東部への定住を企てている。前1世紀~後2世紀ごろに、ローマ人が島の支配を確立して商業が繁栄し、道路などが整備された。455年ごろにはバンダル人の、534年には東ローマ帝国の支配下に入った。11世紀にはイスラム教徒の侵略にさらされたが、教皇ベネディクトゥス8世の要求もあって、ピサとジェノバがそれを撃退した。この時期から、麦、チーズ、銀、塩、毛皮などの商業活動を通じて、ピサとジェノバが島に進出し、その結果、島内の社会構造に大きな変化をもたらした。14世紀中葉からアラゴン家によるスペインの王朝支配下に入り、それが1713年まで続いた。18世紀初頭、スペイン継承戦争に巻き込まれ、戦勝国の一つオーストリアが1714年に島を領有することになった。1720年、サボイア家が、シチリア島と交換してサルデーニャ島を領有し、ビットリオ・アメデオ2世がサルデーニャ王の称号を得た。ナポレオン1世のイタリア支配時代(1799~1814)には、サボイア家の君主はサルデーニャ島に避難した。1861年のイタリア王国の成立によりイタリア領となった。[藤澤房俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サルデーニャ島の関連キーワードスーサンタマリアディベトレム教会エンリーコ ベルリングエルサンパンクラツィオの塔ギィウゼッペ デッシーアルフォンソ[2世]ネプチューンの洞窟マーリオ シローニコスタズメラルダマッダレーナ諸島レナート ソールサルデーニャ王国エミリオ ルッスカリアリ大聖堂サッサリ大聖堂ポルトチェルボコルシカ[島]ティレニア海ローザベータスーヌラクシ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サルデーニャ島の関連情報