カプ・ハイティエン(読み)かぷはいてぃえん(英語表記)Cap Haïtien

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カプ・ハイティエン
かぷはいてぃえん
Cap Hatien

西インド諸島、ハイチ北部にある港湾都市。カパイシェンともいう。首都ポルトー・プランスの北約180キロメートルに位置し、首都に次ぐ政治・経済の中心都市である。人口11万3555(1999)。1492年コロンブスの第1回航海で「発見」され、17世紀なかばフランス人の植民が始まってから、プランテーションの拡大とともに農産物の輸出港として発達した。現在は粗糖、コーヒー、カカオ、タバコ、サイザルヘンプ(サイザル麻)などが積み出される。また、近年成長の目覚ましい観光産業の中心地でもある。[栗原尚子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android