サイザルヘンプ(読み)さいざるへんぷ(英語表記)sisalhemp

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイザルヘンプ
さいざるへんぷ
sisalhemp
[学]Agave sisalana Perrine

リュウゼツラン科の多年草。サイザルアサまたは単にサイザル、シサルともいう。中央アメリカ原産で、葉から繊維をとるために、熱帯や亜熱帯で栽培される。サイザルの名はユカタン半島の港の名に由来する。木質の短い茎に多肉質の葉が多数密につく。葉柄はなく、葉身は剣状で先がとがり、長さ1~2メートル、中央部の幅は10~15センチメートルでやや青みを帯びた緑色。比較的乾燥した気候でよく育つ。5~12年たつと、6メートルほどのリュウゼツランに似た花茎を伸ばし、多数の花をつける。花が落ちると珠芽ができ、これによって殖える。開花後、母植物は枯死する。生育期間中に200~300枚の葉をつけるが、これからとれる繊維は柔軟で光沢があり、ロープや敷物、袋などに加工される。同属のヘネケンhenequen/A. fourcroydes Lemaireからとる繊維もサイザルアサとして扱われることがあるが、品質はやや劣る。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android