サイザル麻(読み)サイザルあさ

精選版 日本国語大辞典「サイザル麻」の解説

サイザル‐あさ【サイザル麻】

〘名〙 (サイザルはsisal) リュウゼツラン科多年草メキシコ原産で、ハイチブラジルインドネシアタンザニアケニアなどで栽培されている。は短く、は柔軟、多汁で長さ一~二メートルになり、剣状で密に叢生する。長さ三メートルにもなる花茎上部から多数小枝をのばし黄緑色の花を多数つける。葉の繊維は船舶用ロープに用いられる。シザルあさ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「サイザル麻」の解説

サイザル‐あさ【サイザル麻】

sisal》リュウゼツラン科の多年草。長さ1~2メートルの多肉な葉が叢生そうせいする。葉の集まりの中央部から高さ約7メートルに達する花茎を伸ばし、白色の花を多数つける。メキシコから中央アメリカの原産。熱帯地方で栽培され、葉からとった繊維をロープやなどに加工する。サイザルヘンプ。サイザル。シザル麻

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android