コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カボチャの種

2件 の用語解説(カボチャの種の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

カボチャの種

 カボチャの種を塩とともに蒸して乾燥したもの.酒のつまみなどにする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館の解説

かぼちゃのたね【カボチャの種】

《栄養と働き&調理のポイント
○栄養成分としての働き
 高たんぱく、高エネルギーで、ミネラルビタミン類も豊富な栄養価の高い食品といえます。
 脂質は不飽和脂肪酸リノール酸が多いので、体内のコレステロール値の上昇を抑えて動脈硬化予防に適しています。
 ビタミン類ではB1、B2ナイアシンが多く含まれ、疲労回復、血行不良、不眠などに効果的です。ミネラルでは、鉄分が100g中6.5mgと種実類のなかでも多く含まれており、虚弱で血圧の低い人や貧血の人に適しています。
 亜鉛(あえん)を多く含むのも特徴です。亜鉛不足は、味覚障害もまねきますが、抜け毛の原因になるともいわれています。
 また、カリウムが多く、無塩のものをとれば腎臓病(じんぞうびょう)によるむくみをとる働きもあります。
 カボチャの種をおいしく食べるには、フライパンを熱して、いったん火を止め、ひとつかみのカボチャの種を入れてから炒(い)ります。軽く塩をふって味付けをして食べましょう。
○漢方的な働き
 カボチャの種は、生薬名を「南瓜仁」といい、古くから虫くだし漢方薬として利用されてきました。南瓜仁は、ぬめりをとって皮をむいた種子を日干しにして炒ったものです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

カボチャの種の関連キーワード栄養混合栄養栄養価栄養分栄養改善栄養統計学経口栄養経腸栄養末梢非経口栄養臨床栄養

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カボチャの種の関連情報