コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カポディモンテ磁器 カポディモンテじきCapodimonte porcelain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カポディモンテ磁器
カポディモンテじき
Capodimonte porcelain

ナポリ王カルロス3世が 1743年ナポリ近郊のカポディモンテ城内に窯を開き,そこで制作された軟質磁器。 59年カルロススペイン王となり,工房をマドリッド郊外のブエンレティロに移すまでの 16年間に大量の多様な磁器が作られた。のちナポリに再興された 1771~1806年の王立窯での製品とは区別される。初めマイセン風のものを模倣したが,のちに古典的なものを主題とした。現在ナポリの城には約 2000点の作品が保存されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カポディモンテ磁器の関連キーワードツンベリーノイマン(Johann Balthasar Neumann)ルソー(Jean-Jacques Rousseau)小中一貫教育生島新五郎烏亭焉馬江戸半太夫尾形乾山カートライト亀井南冥