カマバチ(読み)かまばち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カマバチ
かまばち / 鎌蜂

昆虫綱膜翅(まくし)目カマバチ科Dryinidaeに属する寄生バチの総称。体長5ミリメートル未満。雌バチは無翅でアリに似たものもある。雌バチの前脚(ふせつ)が鎌状(はさみ状)になっているのが和名の由来。雌バチはこのはさみでセジロウンカやトビイロウンカなどの幼虫を捕まえて産卵する。卵を産み付けられたウンカ類はすぐには死なずに成育するが、寄生去勢を受けて生殖器が発達しない。カマバチの寄生を受けたウンカ類の腹部には縞(しま)模様のある丸い膨らみができ、カマバチの幼虫はその中にいて成長する。繭はイネなどの葉上につくられる。カマバチは稲作害虫のウンカ類の有力な天敵で、日本にはトビイロカマバチHaplogonatopus japonicusほか数種を産する。[平嶋義宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android