コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄生去勢 きせいきょせい parasitic castration

4件 の用語解説(寄生去勢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寄生去勢
きせいきょせい
parasitic castration

寄生により宿主の性的形質に異常をきたすこと。雄のカニ類がフクロムシの寄生で雌型化する例や,ヒメハナバチに対するネジレバネ類の昆虫スチロプス Stylops rossiiの寄生などがよく知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きせい‐きょせい【寄生去勢】

寄生された宿主の生殖巣が破壊されたり性徴に変化をきたしたりすること。フクロムシに寄生されたイソガニ・アブラガニの雄が雌のようになるなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

寄生去勢【きせいきょせい】

寄生虫の寄生を受けた動物が,あたかも生殖腺を除去(去勢)されたときのように性形質に変化を生ずる現象。フクロムシ類に寄生された雄のカニの雌化や,ヤドリムシ類に寄生されて精巣が卵巣化するエビ・カニ類などがその好例。
→関連項目イワガニ去勢

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

きせいきょせい【寄生去勢】

寄生により宿主の生殖器が退化したり、性徴が変化すること。フクロムシの寄生を受けた雄のカニの例が有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の寄生去勢の言及

【去勢】より

…なお,古くは去勢された雄ウマを騸(せん),雄ウシを閹(えん)牛と呼んだ。【正田 陽一】
[寄生去勢parasitic castration]
 寄生によって宿主の生殖腺や二次性徴に変化を生じることであるが,その変化の程度はいろいろで,真の意味での去勢の語がむしろ不適当な場合も多い。最もよく知られているのはフクロムシやナガフクロムシ類(甲殻綱蔓脚(まんきやく)類)がカニやヤドカリ類(甲殻綱十脚類)の腹部に寄生して起こるサッキュリナ去勢と,エビヤドリムシやカニヤドリムシ類(甲殻綱等脚類)がエビやカニ類(甲殻綱十脚類)のえらや腹部に寄生して起こるエピカリダ去勢である。…

※「寄生去勢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

寄生去勢の関連キーワード寄生虫寄生虫病サナダムシ血液寄生虫膵蛭内部寄生肝毛頭虫宿主-寄生体相互関係密積効果(寄生虫)寄生虫病 (parasitic disease)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone