コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄生去勢 きせいきょせいparasitic castration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寄生去勢
きせいきょせい
parasitic castration

寄生により宿主の性的形質に異常をきたすこと。雄のカニ類がフクロムシ寄生で雌型化する例や,ヒメハナバチに対するネジレバネ類の昆虫スチロプス Stylops rossiiの寄生などがよく知られている。去勢される過程については,生殖腺破壊が原因となるものもあるが,複雑な場合が多く,定説がない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きせい‐きょせい【寄生去勢】

寄生された宿主の生殖巣が破壊されたり性徴に変化をきたしたりすること。フクロムシに寄生されたイソガニ・アブラガニの雄が雌のようになるなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

寄生去勢【きせいきょせい】

寄生虫の寄生を受けた動物が,あたかも生殖腺を除去(去勢)されたときのように性形質に変化を生ずる現象。フクロムシ類に寄生された雄のカニの雌化や,ヤドリムシ類に寄生されて精巣が卵巣化するエビ・カニ類などがその好例。
→関連項目イワガニ去勢

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きせいきょせい【寄生去勢】

寄生により宿主の生殖器が退化したり、性徴が変化すること。フクロムシの寄生を受けた雄のカニの例が有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の寄生去勢の言及

【去勢】より

…なお,古くは去勢された雄ウマを騸(せん),雄ウシを閹(えん)牛と呼んだ。【正田 陽一】
[寄生去勢parasitic castration]
 寄生によって宿主の生殖腺や二次性徴に変化を生じることであるが,その変化の程度はいろいろで,真の意味での去勢の語がむしろ不適当な場合も多い。最もよく知られているのはフクロムシやナガフクロムシ類(甲殻綱蔓脚(まんきやく)類)がカニやヤドカリ類(甲殻綱十脚類)の腹部に寄生して起こるサッキュリナ去勢と,エビヤドリムシやカニヤドリムシ類(甲殻綱等脚類)がエビやカニ類(甲殻綱十脚類)のえらや腹部に寄生して起こるエピカリダ去勢である。…

※「寄生去勢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

寄生去勢の関連キーワード外部寄生カマバチ生殖器性転換

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android