コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カメハメハ[3世] Kamehameha III

世界大百科事典 第2版の解説

カメハメハ[3世]【Kamehameha III】

1814‐54
ハワイ王国カメハメハ王朝第3代の国王。カメハメハ大王の息子で,前王カメハメハ2世の弟に当たる。前王の死去に伴って即位し,その治世(1825‐54)はほぼ30年にわたり,ハワイ王国歴代諸王の中で最も長い。ハワイが立憲王国となり,代議制の国会が開設されたのは彼の治世においてである。1840年に憲法を発布し,45年には首都をホノルルに定めた。立法,行政,司法の諸制度を整備して近代国家体裁を整え,従来国王の独占にゆだねられていた土地所有の権利を人民一般に解放した〈大マヘレ〉(マヘレはハワイ語で〈分割〉の意)を断行したのも彼である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

カメハメハ[3世]の関連キーワードブルボン朝葛飾北斎奈破崙パジェスファン=デン=ブルークモーニッケラクロスミス竹垣直温エイズボル憲法

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android