カメハメハ[3世](英語表記)Kamehameha III

世界大百科事典 第2版の解説

カメハメハ[3世]【Kamehameha III】

1814‐54
ハワイ王国カメハメハ王朝第3代の国王。カメハメハ大王の息子で,前王カメハメハ2世の弟に当たる。前王の死去に伴って即位し,その治世(1825‐54)はほぼ30年にわたり,ハワイ王国歴代諸王の中で最も長い。ハワイが立憲王国となり,代議制の国会が開設されたのは彼の治世においてである。1840年に憲法を発布し,45年には首都をホノルルに定めた。立法,行政,司法の諸制度を整備して近代国家体裁を整え,従来国王の独占にゆだねられていた土地所有の権利を人民一般に解放した〈大マヘレ〉(マヘレはハワイ語で〈分割〉の意)を断行したのも彼である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android