コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カメハメハ[3世] Kamehameha III

1件 の用語解説(カメハメハ[3世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カメハメハ[3世]【Kamehameha III】

1814‐54
ハワイ王国カメハメハ王朝第3代の国王。カメハメハ大王の息子で,前王カメハメハ2世の弟に当たる。前王の死去に伴って即位し,その治世(1825‐54)はほぼ30年にわたり,ハワイ王国歴代諸王の中で最も長い。ハワイが立憲王国となり,代議制の国会が開設されたのは彼の治世においてである。1840年に憲法を発布し,45年には首都をホノルルに定めた。立法,行政,司法の諸制度を整備して近代国家の体裁を整え,従来国王の独占にゆだねられていた土地所有の権利を人民一般に解放した〈大マヘレ〉(マヘレはハワイ語で〈分割〉の意)を断行したのも彼である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

カメハメハ[3世]の関連キーワードブルボン朝葛飾北斎奈破崙竹垣直温エイズボル憲法ルイ[18世]ネパール戦争ノルウェー文学冒険小説南アフリカ共和国

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone