カヤール

百科事典マイペディアの解説

カヤール

ヒンドゥスターニー音楽(北インドの古典音楽)の声楽の一形式。ハヤール,キヤールとも。技巧的で華やかな,現代の代表的な声楽形式。拍節のない部分とある部分の性格が融合され,本来拍節のないアーラープ的なラーガの展開も,タブラーの示すターラの枠組みのなかで行われる。伝統的にはタブラーとサーランギーが伴奏を受け持つ。
→関連項目カッワーリートゥムリー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android