コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カライ派(読み)カライは(英語表記)Karaism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カライ派
カライは
Karaism

ユダヤ教の一派。語源はヘブライ語 qara (読む,研究する) 。タルムードなどの口伝釈義を排し,聖書に即した研究を唱道する。8世紀ペルシアのアナン創始,9世紀の人ベンヤミンが体系化。政治的動乱を背景にメシヤ待望の機運が濃く,預言者的期待,禁欲主義一神教を特色とし,実践面を重視する。正統派とは暦法安息日,婚姻法が異なるが,教義の一部を借入。イスラム内の改革思想からも影響を受ける。9~12世紀に最盛。地中海沿岸に広まり,中世ユダヤ哲学に重要な位置を占める。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のカライ派の言及

【ユダヤ教】より

…10世紀まで,前時代の伝統を継承したバビロニアが中心であったが,それ以後ユダヤ人共同体は,イスラム教徒が支配する北アフリカとスペインで繁栄した。当時,カライ派Karaitesと呼ばれるセクトが発生し,口伝律法の権威を否定して各自が成文律法(旧約聖書)を直接解釈するべきであると説いた。一時,大勢力になったが,結局,余りにも厳格な律法主義に陥り,広く民衆の支持をえることができなかったため急速に衰退した。…

※「カライ派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android