禁欲主義(読み)きんよくしゅぎ(英語表記)asceticism

翻訳|asceticism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギリシア語の askēsisに由来する語。動物的自然性を悪自体ないし悪の起源とみなし,肉体的感性的あるいは世俗的欲望を抑制することによりを修め救いを得ようとする思想。 askēsisは修徳のための訓練を示す語としてストア派キュニコス派に用いられた。禁欲の思想はその他シャーマニズム,神道仏教イスラムにもみられ,ときに極端な禁欲や苦行が要求される。新約聖書において askēsisはただ一度使われているにすぎないが (コリント1書9・25) ,肉や自然を悪とする考えには抵抗しながらも,罪との関連における肉との戦いは常にキリスト者に要求されており,殉教の時代が終るとともに次第に禁欲的苦行が尊ばれるようになる。修道士の思想と生活はその典型といえよう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 感性的欲望を悪の源泉と考え、徳を修めるためには、これをおさえることが必要であると考える道徳、また、宗教上の立場。また、感性的欲望をおさえる実行方法。〔改訂増補哲学字彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android