カラバジェスキ(英語表記)Caravaggeschi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラバジェスキ
Caravaggeschi

イタリア・バロックの画家 M.カラバッジオの画風,特に明暗の強烈な効果と,劇的なリアリズムの影響を直接,間接に受けた画家たちの総称。カラバッジオ主義者。 1600年から 20年頃までローマを起点として広まった。カラバッジオの周辺にいた画家にはローマのバルトロメオ・マンフレディ,O.ジェンティレスキナポリのカラッチオロらがいる。当時ナポリには J. deリベラがおり,彼を通じてスペインのベラスケスにまでカラバッジオの作風が及んだ。またローマを訪れたフランスの画家たちもほとんどその影響下にあり,S.ブーエ,バランタン・ド・ブーローニュからプーサンや C.ロラン,G.ラ・トゥールにまで及んだ。オランダではテルブルッヘンホントホルストをはじめ,きわめて広範囲にこの作風の伝播がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android