コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラバジェスキ カラバジェスキCaravaggeschi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラバジェスキ
Caravaggeschi

イタリア・バロックの画家 M.カラバッジオの画風,特に明暗の強烈な効果と,劇的なリアリズムの影響を直接,間接に受けた画家たちの総称。カラバッジオ主義者。 1600年から 20年頃までローマを起点として広まった。カラバッジオの周辺にいた画家にはローマのバルトロメオ・マンフレディ,O.ジェンティレスキナポリのカラッチオロらがいる。当時ナポリには J. deリベラがおり,彼を通じてスペインのベラスケスにまでカラバッジオの作風が及んだ。またローマを訪れたフランスの画家たちもほとんどその影響下にあり,S.ブーエ,バランタン・ド・ブーローニュからプーサンや C.ロラン,G.ラ・トゥールにまで及んだ。オランダではテルブルッヘンホントホルストをはじめ,きわめて広範囲にこの作風の伝播がみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カラバジェスキの関連情報