コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリフォルニア排日土地法 カリフォルニアはいにちとちほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリフォルニア排日土地法
カリフォルニアはいにちとちほう

1913年1月6日から開かれたアメリカのカリフォルニア州議会で制定された「外国人による土地所有の禁止と借款の制限」に関する法律。 07,09,11年と3回にわたって同州議会に提案され T.ルーズベルト,W.タクト両大統領の努力で廃案となった同趣旨の法案が,13年には上院 22対2,下院 76対3の圧倒的賛成で原案どおり可決された。カリフォルニアにおける排日運動が初めて立法化に成功したものとして,また日米間の感情悪化の一要因としてその後長く影響を及ぼした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カリフォルニア排日土地法の関連キーワード牧野省三カフカセネット[各個指定]芸能部門デトリングチームⅩネグリチュードバルカン戦争バレーボールマケドニア共和国

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android