カル リプケン Jr.(英語表記)Cal Ripken Jr.

現代外国人名録2016の解説

カル リプケン Jr.
Cal Ripken Jr.

職業・肩書
元大リーグ選手

国籍
米国

生年月日
1960年8月24日

出生地
メリーランド州ヘイバードグレース

本名
Ripken,Calvin Edwin Jr.

受賞
新人王(アリーグ)〔1982年〕,MVP(アリーグ)〔1983年,1991年〕,ロベルト・クレメンテ賞〔1992年〕

経歴
父のカル・リプケンSr.はオリオールズの監督を務め、弟も大リーグ選手。1978年ドラフト2巡目指名でオリオールズに入団。’81年8月メジャー初昇格。’82年アリーグ新人王となり、同年から9年連続20本塁打以上を打ち、遊撃手としての大リーグ記録をつくる。’83年アリーグMVPを獲得し、ワールドシリーズも制覇。守備も抜群で、’90年遊撃手の連続無失策試合の大リーグ記録をつくった。’91年2度目のアリーグMVPに輝き、’92年当時史上最高の総額3250万ドルで5年契約を結ぶ。’95年9月2131試合連続出場(’82年5月30日〜)を果たし、ルー・ゲーリックの持つ大リーグ記録を56年ぶりに更新。’96年6月対ロイヤルズ戦で、日本の衣笠祥雄選手が持つ世界記録を抜く2216試合出場を果たす。’97年シーズンから三塁手に転向。’98年4月対アスレチックス戦で2500試合連続出場を達成。その後も記録を更新するが、同年9月ヤンキース戦の試合前に自ら欠場を申し入れ、連続出場記録は2632試合でストップした。’99年9月対デビルレイズ(現・レイズ)戦で大リーグ史上29人目となる通算400本塁打を記録。2000年4月通算3000本安打を達成。オリオールズ一筋でプレーし、2001年シーズン終了後、現役を引退。通算成績は、メジャー21年間で3001試合出場、1万1551打数3184安打、431本塁打、1695打点、打率.276。1983年からオールスター19年連続選出は大リーグ記録(’91年と2001年はオールスターMVP)。アリーグMVP2回(1983年,’91年)、ゴールドグラブ賞2回(’91年,’92年)。“鉄人”の異名でファンに愛された。2007年資格獲得1年目で大リーグ殿堂入り。同年国務省よりスポーツ特使に任命される。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android