カルガ(英語表記)Kaluga/Калуга

デジタル大辞泉の解説

カルガ(Kaluga/Калуга)

ロシア連邦西部、カルガ州の都市。同州の州都。モスクワの南西約190キロメートル、オカ川沿いに位置し、モスクワとウクライナのキエフを結ぶ鉄道や高速道路が通る。14世紀半ば、モスクワ大公国の時代に要塞が築かれたことに起源する。旧ソ連時代は軍需産業、ソ連崩壊後は自動車工業が盛ん。ロケット工学の先駆者ツィオルコフスキーゆかりの地として知られ、彼の業績を称えた博物館がある。カルーガ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルガ
かるが
Калуга Kaluga

ロシア連邦西部、カルガ州の州都。オカ川左岸の港市で、モスクワとウクライナのキエフを結ぶ鉄道が通る。人口34万2400(1999)。州の工業生産の40%が集中する工業都市で、機械(ディーゼル機関車、タービン、電機)、木材加工(家具、合板、ピアノ)、食品、縫製、製靴工業が主要な工業である。また、州の文化中心地として、教育大学、郷土博物館、ツィオルコフスキー記念宇宙飛行士博物館などの施設がある。1371年に記録に現れ、ロシアの南境を守る要塞(ようさい)であった。17~19世紀に商業の中心地として発展した。1941年に始まった独ソ戦争ではドイツ軍に占領された。[中村泰三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android