カルケミシェ(読み)かるけみしぇ(英語表記)Carchemish

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルケミシェ
かるけみしぇ
Carchemish

北シリアのジャラブルスの北1キロメートル、トルコ領内の南国境沿い、ユーフラテス川右岸に位置する古代城砦(じょうさい)都市。北メソポタミアから地中海に至る大商業路の戦略上の重要拠点。文献には紀元前18世紀のマリ文書が初出である。フルリ人の北シリア侵出後、ミタンニ王国に服し、さらに前1340年ごろヒッタイトに征服され、王子の1人が王となってヒッタイト帝国南東部の要衝となり、北シリアのヒッタイト・フルリ混合文化の中心となる。前1190年ごろ帝国とともに滅びたが、やがてヒッタイト系遺民の独立小王国が形成され、新来のアラム人要素の優勢な都市国家として存続。のちしだいにアッシリアの支配下に入り、前717年、新アッシリア帝国に併合された。前605年、この地で新バビロニアのネブカドネザル2世がエジプトのネコ2世の大軍を破って、エジプトの西アジア支配の野望をくじいた。現在、カルカミシュもしくはバラクとよばれる小村がある。[山本 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android