カルツェフスキー(英語表記)Kartsevskii, Sergei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルツェフスキー
Kartsevskii, Sergei

[生]1884.8.28. トボリスク
[没]1955.11.7. ジュネーブ
ロシア生れの言語学者。ジュネーブ大学でソシュールに学び,ロシアにその学説を紹介。のち,亡命してプラハ学派の一人として活躍した。 N.トルベツコイ,R.ヤコブソンとともに,1928年ハーグでの国際言語学者会議における音韻論の提唱者として有名。主著『ロシア語動詞の体系』 Système du verbe russe (1927) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android