カルナータカ音楽(読み)カルナータカオンガク

デジタル大辞泉の解説

カルナータカ‐おんがく【カルナータカ音楽】

《〈梵〉karnātaka Saṃgīta》インド伝統音楽の二大潮流の一つ。13世紀初頭にイスラム王朝がデリーに成立し、このころから北インドのヒンドゥスターニー音楽と、より純粋にインド古来の特性を保つカルナータカ音楽とに分かれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

カルナータカ音楽【カルナータカおんがく】

南インドの古典音楽。12世紀に北部にイスラーム宮廷が出現したことにより,インドの古典音楽は北(ヒンドゥスターニー音楽。情緒的・イスラーム的要素が強い)と南(カルナータカ音楽。インド古来の理論的・ヒンドゥー的要素が強い)の2系列に分かれた。15―16世紀には各地の言葉による宗教歌が相次いで作られ,16―18世紀には,音楽理論が特に発展した。18世紀はカルナータカ音楽の黄金時代で,声楽形式のクリティやキールタナムが発達し,その作品は今日でも主要なレパートリーとなっている。現在の主な音楽形式には,バルナム,ラーガム・ターナム・パッラビなどがある。古典舞踊バラタ・ナーティヤムの伴奏にも使われる。
→関連項目アーラープビーナームリダンガム

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のカルナータカ音楽の言及

【インド音楽】より

…またターラに関する1章が別にもうけられ,詩の韻律を基礎として,その音節の長短を単位としたパターンによって,数十種のターラが分類されている。
[カルナータカ音楽とヒンドゥスターニー音楽]
 地理,風土,言語,歴史などの違いから,現代インドの古典音楽は,カルナータカ音楽(南インド)とヒンドゥスターニー音楽(北インド)とに大別されるが,実際の演奏は伴奏者を伴った独奏・独唱によるラーガの表現であることに変りはない。イスラム教徒侵入の影響によって,ガーンダルバの伝統はとだえたが,楽曲形式においては,侵入当初の13世紀に書かれた理論書《サンギータ・ラトナーカラ》(〈音楽の宝庫〉の意)にみられるアーラープティālāpti(即興演奏)の形式が,南北両派ともに踏襲されている。…

※「カルナータカ音楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android