カルビノール

世界大百科事典 第2版の解説

カルビノール【carbinol】

メチルアルコールの別称。A.W.H.コルベはメチルアルコールにカルビノールの名称を与え,他の一価アルコールをその置換体として命名した。たとえばエチルアルコールCH3CH2OHはメチルカルビノールであり,イソプロピルアルコール(CH3)2CHOHはジメチルカルビノールである。このカルビノール命名法はIUPAC1965年規則で廃止された。【中井 武】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカルビノールの言及

【メチルアルコール】より

…化学式CH3OH。メタノール,木精,カルビノールなどともいう。1661年R.ボイルは木材の乾留から中性の液体を得たが,1834年J.B.A.デュマによって,この物質はCH3OHと決定された。…

※「カルビノール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android