コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルミン酸

栄養・生化学辞典の解説

カルミン酸

 C22H20O13 (mw492.39).

 赤色の色素で,コチニールという色素の主成分.コチニールはカイガラムシ科のエンジムシDactylopius coccus]という昆虫の雌を乾燥したもの.着色料として用いる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

カルミン酸の関連キーワードカーマインカルミン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android