コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルミン酸

栄養・生化学辞典の解説

カルミン酸

 C22H20O13 (mw492.39).

 赤色の色素で,コチニールという色素の主成分.コチニールはカイガラムシ科のエンジムシDactylopius coccus]という昆虫の雌を乾燥したもの.着色料として用いる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

カルミン酸の関連キーワードカーマインカルミン

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android