コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルメル山遺跡 カルメルさんいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルメル山遺跡
カルメルさんいせき

イスラエル北西部,カルメル山にある洞窟遺跡群。山の南西腹の涸れ谷(ワディ)の一つ,ワディ・エル・ムガラ付近は石灰岩地帯で,洞窟が点在する。1930年代,イギリスのドロシー・A.E.ギャロッドらの調査により,前期旧石器時代から中石器時代にいたる数多くの遺物が発見され,この地域の石器時代文化の大要が明らかにされた。タブーン洞窟(→タブーン遺跡)と,数百mほどしか離れていないスフール洞窟(→スフール遺跡)からはネアンデルタール人の化石人骨(→カルメル山化石人骨)が見つかった。中期旧石器時代の遺物を伴い,3万~5万年前のものと考えられている。また近くのワド洞窟では,後期旧石器時代・中石器時代の豊富な遺物が層位的に確認され,この地域の基準遺跡となっている。2012年世界遺産の文化遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カルメル山遺跡の関連キーワードネアンデルタール

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android