コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルメル山遺跡 カルメルさんいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルメル山遺跡
カルメルさんいせき

イスラエル北西部,カルメル山にある洞窟遺跡群。山の南西腹の涸れ谷(ワディ)の一つ,ワディ・エル・ムガラ付近は石灰岩地帯で,洞窟が点在する。1930年代,イギリスのドロシー・A.E.ギャロッドらの調査により,前期旧石器時代から中石器時代にいたる数多くの遺物が発見され,この地域の石器時代文化の大要が明らかにされた。タブーン洞窟(→タブーン遺跡)と,数百mほどしか離れていないスフール洞窟(→スフール遺跡)からはネアンデルタール人の化石人骨(→カルメル山化石人骨)が見つかった。中期旧石器時代の遺物を伴い,3万~5万年前のものと考えられている。また近くのワド洞窟では,後期旧石器時代中石器時代の豊富な遺物が層位的に確認され,この地域の基準遺跡となっている。2012世界遺産文化遺産に登録された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone